音楽専門学校に合格する方法|プロへの険しい道

音楽業界の多様性

楽器

音楽が仕事ということ

昨今の軽音楽ブームに始まり、様々な形で音楽を楽しむ方々が増えてきました。さて、皆さんは音楽と聞くとどのようなイメージを持たれるでしょうか。大半の方の答えに出てくるのは「プレイヤー」、「アーティスト」かと思います。でも、音楽はそれだけではない。むしろそれ以外の形で関わる人にこそオススメしたいのが、「音楽専門学校」です。では、「音楽専門学校」で何を学ぶのでしょうか。今はかなりの数の音楽専門学校があり、スタイルもその学校によって様々です。選び方として、まずは自分が音楽で何をしたいのかを決めましょう。漠然と音楽をやりたいという方は多いのですが、ただプレイヤーを目指すのか、それとも音響・照明機器のスペシャリストになるのか。裏方のステージスタッフもやってみたりCDなどのレコーディングやプレスリリースに携わってみたりと思っている人もいます。はたまた自分でデザインしたギターを世に広めたいなどなど・・・一言に音楽と言っても様々な業種のある世界です。そしてそれぞれに専門性があり、プレイヤーとして楽器を弾いているだけでは学びきれないことがたくさんあります。まずはどういう方向を目指したいのかを決めましょう。表に立ってスターになりたいのか、裏方としてサポートをしたいのか、と言った点だけでも構いません。その方向が決まると、音楽専門学校で学びたいこと、そこでなければ学べないことが見えてきます。むしろ「アーティスト」以外の分野こそ音楽専門学校でなければ学べないことがたくさんあるのです。学校によって異なりますが、多くの学校は実習を重きにおいています。オープンキャンパスなどに参加してみるとその学校の特徴がよく分かるでしょう。少しでも音楽に関わりたいと言う気持ちのある方は、楽器ができないからと夢を諦めないで下さい。「音楽専門学校」という選択肢は、もしかしたら今まで見えなかった新しい一面を教えてくれるかもしれません。

学校で学ぶメリット

アニメの世界で働きたい場合には、専門学校で学ぶのも手段のひとつです。必要なスキルや知識を学ぶことができますし、専門学校が就職先を紹介してくれるので就職のハードルが低くなるというメリットがあります。

マイペースでレッスン

ピアノレッスンは教室に通い指導を受けることが一般的ですが、忙しい人はそうした時間が取れないことも少なくありません。最近はインターネットを通じたオンラインレッスンも注目されており、マイペースでピアノレッスンが楽しめるようになっています。

絶対に夢を叶えるために

高校卒業後声優になりたいと思う人が増えています。そして、声優の学校が全国各地に増えた事により、都会まで行かなくても声優の勉強が気軽にできるようになりました。演技初心者のための授業もあるので、全く演技をした事が無いという人でも安心して通えます。